こんにちは!本日もジャンジャン融資を行っていますよ!
今日の当日融資は15時までになりますので、必要なお客様は本日中に早めにお申込みをしていただいて明日午前中に振り込みになりますのでよろしくお願いします。
ハロウィンが日本でも浸透して毎年過激になりつつありますが今年もすごかったようですね。過激なハロウィンについて今日は取り上げてみようかと思います。

激しさを増すハロウィン

渋谷のハロウィンの様子
ハロウィンは31日ですが、今年は平日にあたるので前倒しの土日27日と28日にかけて仮装して騒ぐ人々が出現したようですw
渋谷にたどり着くのも一苦労なようですが、軽トラを横転させてみたり、暴行事件を起こしてみたり、痴漢が出現したりとゴミの問題もありますし、まあやりたい放題なハロウィンに2014年以降はなっている傾向がありますね。
今日もハロウィン当日なので平日ですが同じような現象が起こることが予想されます。
渋谷区長もハロウィンにかんして発言をしていて『警察との連携を改めて強く進めていく』とのこと。今日は厳戒態勢で警備にあたるようですね。
痴漢も捕まっていないだけで多くいると思われます、というか男がハロウィンに渋谷に行く理由なんて女の子がいなかったらほぼないでしょう。藤田ニコルも渋谷のハロウィンで痴漢に遭ったと言っていましたし、行くことで危険が伴うという事を分かって行きましょう。
皆さんほどほどにハロウィンは楽しみましょう。といってもハロウィンに何をするのか知らない人も多いでしょう、正しいハロウィンの過ごし方を少し調べてみました。

本来のハロウィンの過ごし方

アメリカ家をハローウィンの為に飾りつけ
もともとアメリカ発祥のイベントですがイギリスなどでも行われているハロウィンイベントですが意味合いとしては万聖日の前夜祭で悪霊や死んだ人たちの魂が戻ってくる日にあたるので、カボチャを顔に見立てくりぬいて外に置いて魔除けとするのだそうです。
ですが本来の意味だけではなく子供も大人も楽しむイベントとなっています。
ハロウィン時期になると2か月も前からホームセンターには飾り付けの道具やカボチャをくりぬく道具やらが売られ出しハロウィン当日に向けて各家庭準備に取り掛かるのだそう。
家の周りに飾り付けをしてお祭りムード満載。それもそのはずアメリカではクリスマス同様のイベントということで大いに盛り上がるそう。
お菓子も子供たちが来た時のために用意しておくのですがかなりの量を用意するそうです。
そして当日の夕方~夜にかけてはイメージ通り、お化けを連想させるような恰好が定番の好きなコスチュームを着てトリックオアトリートをしに子供たちは近所を回ります。想像を超えるほど大量のお菓子を貰ってくるようです。
ハロウィンは学校や職場でも仮装をしているのが当たり前なくらいみんながハロウィンを楽しむそうです。
勇気のある方は来年ぜひ仮装して出勤してみて下さい。